by
January 7th, 2020

This post is also available in: enEnglish frFrançais deDeutsch esEspañol pt-brPortuguês ko한국어 nlNederlands plpolski ruРусский daDansk

リバイバルのための2語からなる祈り

私は2からなる素晴らしい祈りで、国のリバイバルをもたらすものを、発見しました。

ある国が偉大なリバイバルが起こる間際にあるとき、コングリゲーションやミニストリーにおいてある一定の成功レベルが認められます。人数が増え、更に多くの献金が集まり、霊的リーダーたちは有名になり、影響力を持ち、またある場合には裕福になり、名声を得ます。

この祝福のレベルは、エクレシアに国家的変革をもたらし得るツールを提供します。これは、女性が妊娠し胎児の時が満ちるように、必要不可欠なステージです。それでも本当の成功自体には、その中に障害が含まれていて、それらは同時に神の御国の成長を妨げたり、阻止したりします。

神さまの祝福の数々の内には、神を抜きにしてその祝福だけを求める事が、切り離すことのできない誘惑として付随しています。人は怠惰、肉欲、エンターテイメント指向、貪欲、傲慢、反抗になることが可能です。モーセはこの症候群について「エシュルンは肥え太ったとき、足でけった 」 – וישמן ישורון ויבעט – 申命記 32:15と言及しています。

この世的なものによる誘惑は、いかなる人間にとっても危険なものですが、しかし霊的指導者にとって特に危険なものが、2つあります:ねたみと争い。

ピリピ1:15 

人々の中にはねたみや争いをもってキリストを宣べ伝える者もいますが、善意をもってする者もいます。

霊的指導者は、互いに張り合おうとする事は可能です。しかし国全体にリバイバルをもたらすために協力する代わりに、彼らはお互いを引っ張り合い始めています。神さまの御国へと触れられる新たな領域、新しい人々を求める替わりに、彼らは自分たちの資源や達成したことについて護りに入っているのです。

ねたみや争い、やがて指導者たちが互いに否定的に言い合うようになり;自分が比較的良く見えるよう、他人を非難するようになります。「霊的洞察力」や「信徒への警告」という外見のもと、無意識のうちに彼らは本質的には、お互いを呪いあい始めるのです。このことは神の人々の内に、分派や破壊をもたらします。

パウロがこれを書いたとき、牢屋の中にいました。彼のして来た全ての働きは他人により、引き継がれました(良い意図でした人も、そうでない人もいました)。ある人々は有名になり、彼のことを悪く言ったのです。彼は孤独で苦しんでいました。しかし問題に注目するのではなく、彼はその中にある祝福に着目することを選び取ったのです。

ピリピ1:18

すると、どういうことになりますか(英文聖書では「So what?/それが、どうしたのでしょうか?」)。つまり、見せかけであろうとも、真実であろうとも、あらゆるしかたで、メシアが宣べ伝えられているのであって、このことを私は喜んでいます。そうです、今からも喜ぶことでしょう。

それです、国のリバイバルをもたらすことができる2語からなる祈りとは、「SO WHAT!/それがどうした!」です。もし、全ての指導者たちが互いにねたみや争いといった感情を無視し、誰か他人の働きが 成長し、多くの人に影響を与えているのを喜ぶとき、神の御国全体が大きく前にジャンプします。

このことは、全ての霊的指導者に必要な心の清浄化なのです。パウロは、アポロについてこのことを対処しました(第1コリント3章)。ペテロも、ヨハネについてこのことを対処し(例えイェシュアがペテロに十字架に架けられるように言い、ヨハネに永遠に生きるよう言ったとしても、自身をヨハネと比較しないよう、イェシュアはペテロを戒めました – ヨハネ21章)。

私は、これらの課題を、米国、極東、アフリカ、ブラジル、ヨーロッパ、そして言うまでもなくここイスラエルと言った、神さまの働きが成長し、祝福されている、ほぼ全ての国々で見て来ました。克服不可能かと思われますが、神さまの恵みにより克服することができるのです。全てのねたみと争いを無くしましょう。他のグループの働きが更に成功するよう祈りましょう。お互いが全く異なった存在であっても、それぞれが信仰による家族としてお互いを見ていきましょう。

誰か他人があなたより成長している方がいるでしょうか?「それがどうした!」神さまの愛により更に多くの人が触れられてさえいるならば、それは素晴らしい事です!あなたが行ったことの称賛を他人が享受している?誰かが自己中心的な野心から活動している?「それがどうした!」です。私たちは全ての比較を横に置いておきましょう。ある人が祝福されるとき、私たち全てが祝福されるのです。私たちはひとつの家族なのです。

ねたみや争いに勝利するための、この2語からなる祈り「SO WHAT!/それがどうした!」を祈り、リバイバルがもたらされる様にしましょう。

Print Friendly, PDF & Email
By | 2020-01-07T12:31:47+00:00 January 7th, 2020|0 Comments

Leave A Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください