by
October 25th, 2019

This post is also available in: enEnglish frFrançais deDeutsch esEspañol pt-brPortuguês nlNederlands itItaliano daDansk

文化と民族的発展

イェシュア(イエス)への信仰の最初のコミュニティは、シャブオット(ペンテコステ)の日に始まりました。ガリラヤ出身の「イスラエル人」を中心に120人のユダヤ人信者(使徒1:14)が最初の核でした(使徒11127)。

福音書と使徒行伝を注意深く読むと、イェシュアのガリラヤの弟子とユダヤとエルサレム地域の、より宗教的なユダヤ人との間の社会的、民族的緊張間が生じている事が分かります。(マタイ26733、マルコ1470、ルカ2259、ヨハネ71752)。 「ガリラヤ人」と「ユダヤ人」の間のその緊張は、今日のメシアニックと正統派ユダヤ人とのの緊張と平行しているのが分かります。

聖霊が注がれたとき、核となるグループはすぐに3千人のより大きなグループに拡大しました(使徒241)。これらの人々は、聖なる祝祭日のためにイスラエルの外からエルサレムを訪問していました。さて、エルサレムには、敬虔なユダヤ人たちが、天下のあらゆる国から来て住んでいたが、使徒25。これらは、今日私たちが「ディアスポラ(離散)」ユダヤ人と呼ぶものでした。

しかし、他の民族的背景を持つ人々もいました。ユダヤ人もいれば改宗者もいる。またクレテ人とアラビヤ人なのに、使徒211。(クレタ島はイスラエルに近いヨーロッパの島です。)したがって、グループ全体で以下の人々がいました。

  1. イスラエル」(ガリラヤ人)ユダヤ人
  2. ディアスポラ・ユダヤ人
  3. ユダヤ教改宗者
  4. ヨーロッパ人(クレタ人)
  5. アラブ人

多民族の国際的な「教会」は、福音が小アジアとヨーロッパに広がるにつれて、後に発展しました。しかし、異なる種類の枝が元のオリーブの木に接ぎ木されるというパターンは、(ローマ1117)すでに明らかであり、教会が生まれた初日から教会の基礎に組み込まれました。異なる言語、文化、民族的背景のこの組み合わせは、コミュニティ内の緊張を引き起こしました(使徒61)。

外国からの訪問者が帰国すると、福音は彼らの国に広がりました。各民族グループは、自分のアイデンティティ、さらには名称を探しました。弟子たちは、アンテオケで初めて、キリスト者と呼ばれるようになった。使徒1126。イスラエル内のユダヤ人の弟子たちは、新しい宗教を始めるのではなく、周囲のユダヤ人コミュニティの不可欠な一部として自分自身を見ていたので、別の「ブランディング(名称)」を求めていませんでした。

異邦人の間の教会の数が増えるにつれて、2つのアイデンティティが発展しました。各国の中で、彼らは「異邦人の教会」と呼ばれました。–ローマ164。一方、ユダヤ人の信者は、イスラエルの「残りの人々」と呼ばれました。それと同じように、今も、恵みの選びによって残された者がいます。ローマ115。使徒による会議(使徒15)は、これら2つのグループが独自の集会のサブカルチャーを発展させることができると決定しました。

福音はヨーロッパに広がっただけでなく、エルサレムの「正統派」ユダヤ人のコミュニティにも浸透しました。何万人もの宗教的ユダヤ人が信仰に来て、ヤコブ(主の兄弟ヤコブの事―ヤコブ書)の周りに集まりました。彼らは、元のガリラヤの弟子とは少し異なる方法で、トーラーとラビ的習慣に忠実に、独自のライフスタイルを維持しました。彼らはそれを聞いて神をほめたたえ、パウロにこう言った。「兄弟よ。ご承知のように、ユダヤ人の中で信仰に入っている者は幾万となくありますが、みな律法に熱心な人たちです。」使徒2120

この多民族による多様性は、エルサレム、ユダヤ、サマリア、そして地球の果てまで福音を説く事は、始まりの宣教命令による自然な成長です(使徒1:8)。 福音が今日、地球の果てからイスラエルに戻っているように、イスラエルのメシアニックジューとディアスポラ、すべての部族、言語、国家からのキリスト教徒(黙示録7:4、9)という、紀元1世紀のユダヤ人信者らの状況に幾分平行した状況の驚くべき回復が起こっています

Print Friendly, PDF & Email
By | 2019-10-25T14:43:32+00:00 October 25th, 2019|0 Comments

Leave A Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください