by
March 26th, 2020

This post is also available in: English Français Deutsch Español Português 한국어 Nederlands 简体中文 Italiano polski Русский Čeština Dansk

終末時代のまとめ–パート2

終末についての学びは、とても複雑になりがちで、多くの不確定要素や流動的なところがあります。終末時代の全体像について7つの言葉にまとめてみたいと思います:

  1. 艱難
  2. 迫害
  3. エクレシア(国々の教会)
  4. イスラエル
  5. ハルマゲドン
  6. 再臨
  7. 千年紀

一つずつ、続けて簡単に定義して行きましょう。

5.ハルマゲドン

世界中の霊的な紛争は一つの大戦へと収束されます。この戦いの中心は、世界中の諸国が一つとなってイスラエルに対してしかけてくるものです。(ゼカリヤ書14:1-2,エゼキエル書38-39)諸国が北からイスラエルに侵入してくると、ハルマゲドン(ヘブライ語הרמגידו)またはメギドと呼ばれるジェズリエルの谷(黙示録16:14-16)で大いなる戦いが起こります。そして、その戦いはエルサレムで終わりを迎えます。この戦いはイザヤ書37章にあるアッシリアとの戦いと1973年のヨム・キプール戦争が予表しています。諸国がイスラエルを攻撃する事は、神は、それはご自身を攻撃したものだと述べています。

6.再臨

諸国がエルサレムを占領し街が囚われると、神には介入以外手がなくなります。天が開かれ、イエシュアは戦いの王、裁き司、軍司令官として戻られ、白い馬に乗って天の軍勢を率いて空中の悪霊の軍や地上の人の敵軍を打ち負かします(マタイ24:27,30;黙示録19:11-19).イエシュアはオリーブ山に立たれ(ゼカリヤ書14:4)、死者(第一の復活)は復活し、聖徒は変貌します(第一コリント15:52,第一テサロニケ4:16).

黙示録19:20-20:3

すると、獣は捕らえられた。また、獣の前でしるしを行ない、それによって獣の刻印を受けた人々と獣の像を拝む人々とを惑わしたあのにせ預言者も、彼といっしょに捕らえられた。そして、このふたりは、硫黄の燃えている火の池に、生きたままで投げ込まれた。彼は、悪魔でありサタンである竜、あの古い蛇を捕らえ、これを千年の間縛って、底知れぬ所に投げ込んで、そこを閉じ、その上に封印して、千年の終わるまでは、それが諸国の民を惑わすことのないようにした。サタンは、そのあとでしばらくの間、解き放されなければならない。

反キリストの軍と悪魔は地から追いやられるのです。

7.千年紀

戦いの後、イエシュアはエルサレムへ勝利の入城をします。主はご自身の首都をエルサレムに、主の地上の純粋、平和、繁栄の御国を打ち立てます。

イザヤ書2:1-4

アモツの子イザヤが、ユダとエルサレムについて示された先見のことば。終わりの日に、主の家の山は、山々の頂に堅く立ち、丘々よりもそびえ立ち、すべての国々がそこに流れて来る。多くの民が来て言う。「さあ、主の山、ヤコブの神の家に上ろう。主はご自分の道を、私たちに教えてくださる。私たちはその小道を歩もう。」それは、シオンからみおしえが出、エルサレムから主のことばが出るからだ。主は国々の間をさばき、多くの国々の民に、判決を下す。彼らはその剣を鋤に、その槍をかまに打ち直し、国は国に向かって剣を上げず、二度と戦いのことを習わない。

これが地におけるメシアの御国です(ミカ書4:1-5,エゼキエル書40-48,黙示録20章).聖徒はイエシュアと共に支配します。この御国ソロモン王の支配が予表しています。(I列王記1-10,マタイ12:42)そして、主の祈りも予表しています。(マタイ6:10).イエシュアが王、メシアとして千年の支配の後、サタンは短い間解放され、最終戦争が行われ、炎の池へと最後の審判が下されます。(黙示録20:7-15).

8.新しい創造

私は7つの項目を上に上げましたが、実際は8つ目があります。六千年紀の後、メシアは戻られます。主の千年王国は7つ目の千年紀です。七千年紀の後、八千年紀が来ます。これが、新しい創造と呼ばれるものです。天のエルサレムが地上に降りて、地のエルサレムと共にあります。最後の死者の復活があります。いのちの書に名が書かれた者は永遠に生き、そこには完全な喜びがあり、死も悲しみも病気もありません。エデンの園が回復します。エデンとエルサレムは一つになります。この喜ばしい、永遠の終わりは神のご計画の最後を表します(ギリシャ語でテリオスと言う)。これは、黙示録の21章と22章に書かれています。

この終わりの時のまとめを理解する重要性は、将来のイベントを予知するのではなく、主の御国の建設の計画と、地上における主のご意思を理解する事で、イエシュアの再臨の前の終わりの日々に向けて現在神に仕える者の心を整える事です。

Print Friendly, PDF & Email
By | 2020-03-26T13:11:53+00:00 March 26th, 2020|Comments Off on 終末時代のまとめ–パート2