About Ron Cantor

This author has not yet filled in any details.
So far Ron Cantor has created 58 blog entries.

いのちをもたらす5つの苦しみ

いのちをもたらす5つの苦しみ 私のお気に入りの箇所の一つはピリピ3:10です。ここでは、パウロは牢獄に入れられていて、神に助けを求める代わりに、彼はこう言いました。 「私は、キリストとその復活の力を知り、またキリストの苦しみにあずかることも知って、キリストの死と同じ状態になり、」 ほとんどの人々がこの箇所の最初の部分を読んで止まります。しかし、考えてもみて下さい。復活の力を得るためには、まず初めに死ぬ必要があります。最初に死なない限り、死から復活したものは誰もいません。私たちはこの死を受け入れます—主の苦しみに入っていく—福音のために苦しみを受ける事によって。 以下が苦しみの5つの霊的な利点です。 1.苦しみと共に親密が来る 苦しみを通してのみやって来るイエシュアとの親密さの度合いがあります。パウロは、主の苦しみに参加する事を、メシアを知る事と同等に捉えています。 イエシュアは、私たちに主と共に苦しむよう招いている 何年も前に、私は特に苦しい状況を通り抜けた事があります。それは大変困難で、私はミニストリーはもう終わりだと思いました。私は、その状況で自己弁護する事が出来ましたし、多くはそうすべきだと励ましてくれました。しかし、イエシュアの言葉はこうでした。「私と共に死ぬようあなたを招く」すぐに私は「はい」と答えると、私の魂に平和が訪れました。そして、私は、主が嫌疑を晴らして下さると分かりました。そして、実際数か月以内に主はそうされました。もし自分で自己弁護していたら、私は主の介入を邪魔してしまった事でしょう。 苦しみは成熟をもたらす 聖書大学で、ある若い「預言者」がやって来て、奉仕をしました。彼は18歳で、明らかに油注がれていましたが、私たちの部長が「年月のみが知恵をもたらす」と言って注意喚起しました。数年後、彼は同性愛者である事が分かりました。ヨセフが10代の時、預言的な賜物がありましたが、それを用いるには未熟でした。不注意に語ってしまったため、彼は奴隷になってしまいました—そして、囚人になってしまいました。それから何年も経ち、試練の後、彼は召命を受けるに十分な成熟をしました。彼の苦しみは彼を整え、数時間という時間の中で、彼は地上で最も強力な人物になりました。 召命が大きいほど、苦しみも大きい ダビデ王は若者の時王となる召命を受けました。しばらくの間、物事は順調に進みました。彼はサウル王のために竪琴を奏でるよう呼ばれました。ゴリアテを殺し、将軍となり、正当な世継ぎであるヨナタンから、彼の代わりに王となる約束を得ました。そして突然、サウル王は彼を殺そうとしました。十年間、彼はサウルから逃げるという困難を経ました。しかし終わりには、これが彼を整える事となりました。年を取るにつれ、より成熟し、ダビデにはサウルを殺す機会が2度ありましたが、彼は殺しませんでした。彼は成長し、そのすぐあと彼は王になりました。 死からいのちが来る パウロは1コリント4:10-12で、もし私たちが福音のために死を受け入れるならば、それは聞く者にいのちをもたらすと言いました。福音のために耐えた全ての苦しみは、彼が福音を伝える事に強力な油注ぎが施されました。私の家族は1年間、革命後それほど経っていない時ウクライナで暮らしました。私たちは虱だらけのアパートで悩まされました。毎晩お手洗いで下水が逆流し、マフィアから脅迫されました。それは大変でした!しかし、最後に、私たちは今も成長している新しいコングリゲーションを残す事が出来ました。 苦しみは喜びからかけ離れていますが、神があなたが召命を受けてなるべき人になるには、単純に他の方法はないのです。

By | 2020-07-03T15:43:05+00:00 July 3rd, 2020|Comments Off on いのちをもたらす5つの苦しみ

コロナ陰謀を恐れるな!

コロナ陰謀を恐れるな! 「親愛なる皆さま、私は人をあざけるために書いたのではありません。これは、祈りとみ言葉に時間をかけた時に私から注ぎ出たもので、愛の心と神の人々への深い懸念から出たものです。」 注意して頂きたいのは、私は「陰謀論」とは書かず、「陰謀」と書きました。ここに、様々な陰謀論になる可能性のある仮説、それらは「理論」ではなく、真実なのですが、それから始めてみましょう。 OK、では何でしょう。 疑問:どのように反応すべきか? 中国政府が毎日中国にいるクリスチャンに対して陰謀を企てている事実について、彼らの反応は何でしょうか。福音を伝えました。なるべく多くの人々を勝ち取る事です。ローマの迫害下にある信者についてパウロの反応は何でしょうか。福音を伝えました。イエシュアへの違法な裁判と処刑に対する使徒の反応は何でしょうか。福音を伝えました。です。又は、彼らが捕らえられ、暴行を受けた時は?(使徒3-4)? 福音を伝えました。イエシュアの最後の言葉は何でしたか?「ビル・ゲイツについて人々に警告する事だ」でしょうか?いいえ、私はここで皆さまを笑わそうとしているのではなく、要点を突きたいのです。主の最後の言葉は、世界へ出て行って弟子を作るように命じました。パウロは獄中何をしたでしょうか。彼は皇帝ネロの事を心配したでしょうか。いいえ、手紙を通して教えていました。 私は、不法や悪を企む人々を無視せよと言っているのではありません。(もちろん、私たちは少しのフェイスブックの記事よりも、さらに多くの証拠が必要です。) 諸国が陰謀を企てる 獣の印なくして売買がいずれ出来なくなるという事は驚く事ではありません。世界の政府が信者に立ち向かい、私たちを迫害するその日はいずれ来ます。 現在大勢の人が集合する事が推奨されない事について、それは教会を閉鎖させるために行われたのではない、と私は思っています。ですが、その日が確かに来るので、これは練習するのに良い機会だと思います。彼らは神とメシアに対して「陰謀を企てる」のです。 なぜ国々は騒ぎ立ち、 国民はむなしくつぶやくのか。 地の王たちは立ち構え、 治める者たちは相ともに集まり、 主と、主に油をそそがれた者とに逆らう。(詩篇.2:1-2) 神と主の民に対してある特定の権力が悪を企てる事実はニュースでもなく、衝撃でもありません。それは大昔から預言されています。問題は、私たちはそれに備えていますか? 私たちは、諸国による憤怒、陰謀の企てを、その諸国を創造されたお方よりも恐れがちです。私たちが人の陰謀に悩む時、私たちは神を矮小化します。来る悪役はチャールズ皇太子でもなく、WHO(世界保健機構の方、バンド名ではなく)でもなく、ビル・ゲイツでもなく、ファウチ博士(アメリカ国立衛生研究所の所長)でもなく、反キリストであり、しかし、彼は神の御手の中の単なる操り人形に過ぎません。3年半、この強力な人物はエルサレムに触れる事が出来なくなります。それは、炎を吐き、「いつでも望む時に地を疫病で打つ」事の出来る二人の証人が、エルサレムの旧市街からイエシュアを宣言するまで、彼(反キリスト)を留めます。この二人が天に去った後、彼(反キリスト)は聖なる街を攻撃するのです。(ゼカリヤ14:1-2) 全ての人の計画が企てられても、神はこのようにします。誰も神の目を覆う事は出来ません。(5G通信塔または偽のワクチンであっても)全くの反対です。彼らは知っても知らなくとも、彼のしもべなのです。最後の7年間、イエシュアの再臨前に、疫病、地震、飢饉の中で、彼らは大いなる悪の計画を実施するのが困難となります。一方信者はそのほとんどから守られます。それは、過越の疫病からイスラエルの民が守られたようになるのです。地上の人々にとって恐ろしい時となります。 「それから、イエスは彼らに言われた。「民族は民族に、国は国に敵対して立ち上がり、大地震があり、方々に疫病やききんが起こり、恐ろしいことや天からのすさまじい前兆が現われます。しかし、これらのすべてのことの前に、人々はあなたがたを捕らえて迫害し、会堂や牢に引き渡し、わたしの名のために、あなたがたを王たちや総督たちの前に引き出すでしょう。それはあなたがたのあかしをする機会となります。」(ルカ21:10-13) 「私は天に向けて誓う」(キース・グリーンのゴスペルの題) [...]

By | 2020-07-20T13:59:37+00:00 June 20th, 2020|Comments Off on コロナ陰謀を恐れるな!

アメリカへの預言的な言葉

アメリカへの預言的な言葉 友人なる皆さん、32年間のミニストリーを通じて、国家レベルについて、神から一人称で語られた事をシェアしたことはなかったと思います。しかし。今日妻とテルアビブからアシュケロンへドライブしていた時、私は祈り始め、神さまが何か語ろうとなさっていると思いました。「人々はあなたが(オンラインで掲示したもので)自分の政治的意見をシェアしているのだと思っている。しかし私は、彼らが私の心を聴けるよう、あなたに預言して欲しいのだ」と語り始めました。 そして主は心の内を語り始めました。私は目的地に着くやいなや、それを書き止めました。以下が、主がお語りになるまで、私自身は考えもしなかった事の数々です。 新約預言は常に部分的であり(第1コリント13:9)、我々の人性のフィルターが通されたり、人により裁かれたりするものの、ないがしろにすべきものではありません(第1テサロニケ5:20-21)私自身の言葉は「」に入っていない部分です。 私は、主を畏れつつ、謙虚に、こちらを主の御身体に捧げます: 以下が、聖霊さまからアメリカへのメッセージだと、私が理解したものです: 「政治的に起こっている事について、手をつけてはいけません。そうしてしまうと、あなたは右か左か、どちら側かに付く必要がでてきます。しかし私は天の御座に着いていて、政治的に右でも左でもありません。それらを超えた天なのです。 「こういうわけで、もしあなたがたが、メシアとともによみがえらされたのなら、上にあるものを求めなさい。そこにはメシアが、神の右に座を占めておられます。あなたがたは、地上のものを思わず、天にあるものを思いなさい。あなたがたはすでに死んでおり、あなたがたのいのちは、メシアとともに、神のうちに隠されてあるからです。」(コロサイ3:1-2) 「『わたしの思いは、あなたがたの思いと異なり、わたしの道は、あなたがたの道と異なるからだ。』(イザヤ55:8)」 「あなた方は、『けれど、ああです』や『それでも、こうです』と言うでしょうが、私はあなた方に従順さを望んでいます。貧しい者、傷ついた者たち、心砕かれた者らについて、私の言葉には何と書いてありますか?政治的主義を選べ、とあるでしょうか?それとも、彼らに手を差し伸ばせ、とあるのでしょうか?私からの愛により手を差し伸ばすことには、右翼的解決も左翼的解決もなく、代わりに私の恵みと力を解き放つ、天に向いた解決があります。」 「『白人の教会』にいるあなた方が求めるリバイバルの鍵は、白人教会が、私からの愛、癒しの力、実践的な支援…[相手の声を聴き、仕え、可能であれば、個別に指導・助言する]をもって、黒人コミュニティに手を差し伸べなさい--私は、あなた方が彼らと生命/人生を分かち合うよう、召しています。 「私は、略奪者や犯罪者を犯罪正義のシステムに従って取り扱うが、それでも私がイスラエルを裁くためアッシリアを用いた様に、彼らにも目的があるのです。(イザヤ10:5-6)最終的にはアッシリアをその行い故に裁いたのです。」 「しかし私はあなた方に、アメリカの黒人たちを、より深く見、私の癒しをもたらして欲しいのです。他の答えはありません。私の声を聴きなさい、『他の答えはないのです!』私の身体となりますか?私の腕となってくれますか?私の心は、彼らのために砕かれています。あなたの心はどうですか? 「やがて来るリバイバルを預言するのに、何故私はカンザスシティ・チーフス(アメフトのチーム、チーム名は市長のニックネーム(チーフ/酋長)に由来。ロゴは矢じりをデザイン)のシンボルを用いたのでしょうか?チーフスはネイティブアメリカン、つまり抑圧された共同体です。砕かれており、飢え渇いて(原文はin need/困窮して)います。 [ある人はこう尋ねます「(ネイティブアメリカンの方たちは)いつまで遺恨を背負い続けるのでしょうか?奴隷制が合法であった時代から、何年経っているのでしょうか?」。答えはシンプル、—癒されるまで—です。] 「リバイバルを求めるなら、あなたの地域社会やゲートコミュニティ(壁に護られ、ゲートで外部からの侵入を防いだ地域共同体)を離れるべきです。あなたの財産や経験を、あなたの属する共同体以外の人々にシェアする必要があります。あなたはその意志がありますか?あなたにとってあなたの人生とは何なのでしょうか?あなたは代価を払って買い取られたのです。(第1コリント6:20)」 「ヘブル人預言者の叫びとは何だったのでしょうか?彼らの心を見てみましょう。彼らが政治界に入ったとき、それは私の言葉を解放し、不正に反論するためでした。彼らは、心砕かれた者たちや、孤児、父無し子、やもめに代わって叫び声を上げたのです。」 「『わたしの好む断食は、これではないか。悪のきずなを解き、くびきのなわめをほどき、しいたげられた者たちを自由の身とし、すべてのくびきを砕くことではないか。』」(イザヤ58:6) [姦淫の罪で捕らえられた女、良きサマリヤ人、物乞いかららい病者、売春婦に至るまで、イェシュアが触れられた不可触民の全て。] [...]

By | 2020-06-15T14:09:24+00:00 June 15th, 2020|Comments Off on アメリカへの預言的な言葉